JO3KRPの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅ノートPCの起動時間改善計画〜その2〜 退避HDD不良発生

<<   作成日時 : 2016/10/01 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自宅ノートPCの起動時間改善計画〜その2〜退避HDD不良発覚

 本来の〜その2〜は、システムバックアップとなる
予定であったのですが、システムバックアップ用のHDDとは違う、
別のデータバックアップ用に用意したHDDが
今回のトラブルを発生しました。

バックアップに用意したHDDにトラブルが発生して
こちらへの記事書き込みどころではありませんでした。

それは、外付けUSB接続HDDの不調です。
データの一部はここへ退避しようと思っていたので
計画を変更せざるをえませんでした。

前日までは何も問題なく動作していたのですが
OSから「フォーマットされていないので
フォーマットしますか?」
のメッセージがあって、あせりました。

別のPCに差し替えますとドライブ内容は
表示できたのですが、フォルダと中の
ファイル関係が一部表示がおかしいことが
わかりました。

元はTV録画用の1.5TBのHDDです。
実は、TVで録画していたころも録画したものを
再生しようとしてもできないトラブルがあった
ちょっと困ったHDDです。

最初のころは全く問題なく使用できていたのですが
録画がたまり、残り容量が少なくなってきた頃に
先の再生エラーが多発した問題があったのです。

その後、このHDDはNTFSにてフォーマットしたところ、
正常に外付けHDDとして使えました。
主にシステムのバックアップを記録していたのです。
これを読み出して復元することが無かったので
これらを正常に読み出せたのかは不明です。

そして、最近は、ネットワークプレーヤーの
外付けUSBとして利用するため
再び、FAT32にフォーマットして
音楽データを書き込んでおり、
ネットワークプレーヤーでは正常に
音楽ファイルを読み出せていました。

ここへノートPCにある音楽ファイルも
一時退避する予定にしていたのです。

お決まりの作業として
CHKDSK /r は正常でしたが
CHKDSK /f はあまりにも時間がかかり
半分処理した途中で断念しました。

というのは、
これを最後まで行なったとしても
不良セクター箇所は回避できないことが、
ネット情報でわかったからです。

内部を診断するソフトもあるようですが
調査するのに処理時間も相当必要のようです。

今回はそれがここでの目的ではないので
パスしました。

結局

もういちどFAT32で全てをフォーマットして
音楽ファイルを書き出してみますと
今度は正常に書き込めて、
ネットワークプレーヤーでも全てのデータが
読み出せるのを確認しました。

結局、原因不明ではありますが、
元の音楽データは正常に復帰できています。

 本当はSSDへデータ移行が本目的であったのですが
別のUSB-HDDとの格闘になってしまいました。

この作業だけで、何時間も要しました。

HDDからSSDへの機器自体の載せ替えは、
ほんの10分程度の作業で誰でもできる
簡単な作業であったのですが、

それまでに至る前作業において
いろいろな問題発生に至るケースが多いようです。

これ以降は、何の問題はなく
全ての作業は本日で完了できました。

次回からは、本来のSSD換装体験を
いくつかに分けて紹介します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自宅ノートPCの起動時間改善計画〜その2〜 退避HDD不良発生  JO3KRPの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる