アクセスカウンタ

JO3KRPの独り言

プロフィール

ブログ名
JO3KRPの独り言
ブログ紹介
表紙デザインを
模様替えしました。

表紙の画像は
今は短く畳んで降ろしていますが、
完成当時の垂直YAGIビームアンテナです。

ここでのブログネタは
趣味のアマチュア無線に関するものが主です。

それに加えて
今回からは、オーディオに関する記事を
参加させる予定です。

その基礎理論として、
電磁気学を中心にした
電気関係の数式を展開する場合もあります。

その点がこのブログの一番の売りでは?
と考えていますが、どこまで実現できるのかは
やってみないとわかりません。

そこは、今までと同様に
数式の展開における
理論の飛躍がないように注意するとともに
数式理解には高校の数学レベルでもって
理解できることを心がけたいと思います。 

新しい公式・理論の導入時には
その計算式の証明などを
いろいろな文献を参考として
補足するようにします。

新しい記事の掲載はできていませんが
過去の雑誌投稿記事の一部のみ
下記のHPでひっそりと公開しています。

call_signが違いますが、同一免許人です。

JA5NSNのむせんサロン
http://www.eonet.ne.jp/~jo3krp/

こちらは、現在休止中と考えてください。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
(番外)コモンモード電流阻止Q&Aへの補足(完結)
(番外)コモンモード電流阻止Q&Aへの補足(完結) (以前削除した掴みの再掲載)  この4月から新たに電子工学を 学ぼうとしていらっしゃる学生や この春、電子工学関係の学校を 卒業されて、新社会人になり 仕事として電子工学関係に 従事されるかたも多く おられることと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/22 07:49
(番外)コモンモード電流阻止Q&Aへの補足(前半)
前回の内容の肝は何かを 理解していただけたでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/21 15:35
(番外)コモンモード電流(正しい解釈)-3 (メインテーマ)
 想定した解釈とは違った理解をされていた部分は 前回のメールのご返答の内容にあった ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/19 10:50
(番外)コモンモード電流阻止(分布定数回路応用)-2
 前回の私からの助言部分の続きがまだありました。 誤解された箇所は、この部分ですから 先にそちらを公開します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/17 10:30
(番外)コモンモード電流阻止(分布定数回路応用事例)-1
 今回のアンテナ基礎理論でやりました、 3.2.1分布定数回路の基本式 http://jo3krp-o.at.webry.info/201803/article_13.html の考え方は、 表題となるコモンモード電流対策における 要となる理論でもあります。 (ちょうどそんなタイミングにて) ご自宅の近隣宅において発生した TVI調査とその対策の件で相談をいただき いくつかの助言をさせていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/15 10:38
3.2.6 アンテナの入力抵抗と放射抵抗
 今回の基礎理論は アンテナのもっとも知りたい パラメータであるともいえます。 とくにアマチュア無線では、 究極のSWR値=1.0 を求められるかたが多いのですから! ただ、私の場合は、 アンテナの設計をする場合は、 SWR=1.0、つまり、50Ωを 目指すわけではありません。 例えば、垂直接地型アンテナならば、 35Ω付近で、 SWR=1/(35/50)≒1.4 あたりを目指しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/14 18:08
(補足)アース良否(地面反射係数)とラジアル線の波長短縮との相関
 アンテナと地面の誘電率との関係は、探せば いろいろとあります。 例えば、アンテナ本の 「7.3.2 平面大地表面波の性質」の内容を使って 説明しました部分 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/13 18:44
3.2.5 アンテナの実効定数-5 最終
 前回の前振りでの部分に一部修正があります。 >この反射係数そのものも測定することは >できませんが、これと地面付近における固有波長と >自由空間における固有波長との割合である >波長短縮率と互いに比例関係にあるのでは? にあります、「比例関係」ですが、 正しくは「相関関係」となります。 といいますのは、 まず、媒体(地面)の反射係数は、 誘電率と導電率によって決まります。 一方、 電線の波長短縮は、その媒体(地面)の 誘電率に影響されるのですが、 地面に電線を埋めてそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/12 07:51
3.2.5 アンテナの実効定数-4 CeとC関係式
 (前回にも少し説明しましたが、) 地面アースの抵抗は、 集中定数として存在していません。 地面の単位長(/m)あたり、 あるいは、 単位面積(/u)あたり、 若しくは、 単位体積(/立法メートル)で 決まる分布抵抗量となっています。 それも均等に分布しているわけではありません。 ある点では、抵抗が大きかったり、 別の点では、抵抗が小さかったりと 実際の地面だと複雑に分布していると 考えられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/10 13:55
3.2.5 アンテナの実効定数-3 ReとR関係式
3.2.5 アンテナの実効定数-3 ReとR関係式  昨夜は、当アンテナの成果がでました。 というのも離島からの運用はチャンスを逃すと なかなか交信することができません。 そのような折、日曜日の夜、何気なく クラスターを覗きましたら ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/09 13:28
3.2.5 アンテナの実効定数-2 (LeとLの関係)
 前回の前半掴みの部分は、意味不明とのことで 削除しました。 また、アース抵抗値10Ωの説明も、 より意味が分かる表現に変えています。 そのとき、感じるままに記事を書いてしまうと 反って、 表現したい内容がぼやけてしまうようです。 反省しています。 前回の掴みのあたりは、もっとターゲットを絞り 次の記事あたりに再掲載することにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/08 07:38
3.2.5 アンテナの実効定数-1
3.2.5 アンテナの実効定数-1  アンテナの基礎理論も中間点をすぎ後半となります。 今回の項目ははっきり言って難解です。 まず、アマチュア無線のアンテナ記事では ここまで解説した記事を見たことがありません。 しかしながら 今回記事のもうひとつのテーマである 「アース回路」を数式にて解析しようとすると この理論が生きてきます。 そのためにも、ここの数式の理解を 十分していただくことをお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/07 07:56
3.2.4 延長コイルと短縮コンデンサー
3.2.4 延長コイルと短縮コンデンサー  今回のマルチバンドアンテナでは、(延長)コイルと (短縮)コンデンサーを使用しています。  ここで、コイルはトラップ・コイルなので、アンテナ本の 延長コイルの理論とは異なります。 ところが、アンテナ本では今回のようなトラップコイルの 理論はどこにも記載がないのです。 そうですから、トラップコイルは、アマチュア無線冊子から 拾い出して別途紹介します。  また、短縮コンデンサーはアース回路への電線の長さを キャンセルするために使用しています。 こちらは、アース回路の紹介で登場し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 07:21
3.2.3 頂部負荷をもつアンテナ-2(後編)
3.2.3 頂部負荷をもつアンテナ-2(後編)  T形や逆L形アンテナも頂部負荷アンテナの一種です。 いま、第3.17図において、その水平部の長さをltとしますと ltによる負荷インピーダンスZtは、逆L形の場合、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/03 20:49
3.2.3 頂部負荷をもつアンテナ-1(前編)
3.2.3 頂部負荷をもつアンテナ-1(前編) 3.2.3 頂部負荷をもつアンテナ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 07:45
昨夜の交信結果と3.2.2 アンテナ上の電流・電圧分布
昨夜の交信結果と3.2.2 アンテナ上の電流・電圧分布  ずっと以前の自宅1.9MHzアンテナ設置のとき お世話になったJF1CCH局が沖縄離島運用を 敢行されています。 昨日の夕方、7MHzSSBでの運用時につかまえて 夜のローバンド運用をお願いしましたら、 快諾していただけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/01 07:48
3.2.1分布定数回路の基本式−2(後編)
 分布定数の考え方は、高周波回路において 重要なとらえ方です。 高周波を取り扱い慣れているはずの かたでも、陥りやすいのが、集中定数の L,C,Rだけで考えてしまって、見えていない 他の分布定数への対応を怠ることです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/03/30 08:37
3.2.1分布定数回路の基本式−1
3.2.1分布定数回路の基本式−1 (第2 理論編) 3.2 分布定数回路としての線状アンテナ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/29 15:13
自宅マルチバンドアンテナ設計・基礎理論編の予定
 今回は私の個人的な都合により、 実践編の前半部を先に公開しました。 ですが、本来の記事組み立てとしては、 次回からの ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/28 21:12
マルチバンドアンテナ工作実践編-7 初期調整後のアンテナ特性
マルチバンドアンテナ工作実践編-7 初期調整後のアンテナ特性  アンテナ調整は、過去のブログ記事の アンテナ列利得補足-5 (万能電界指向性図-2) http://jo3krp-o.at.webry.info/201712/article_4.html から判断しますとH29.12.17日に完了しています。 その時の記録写真を見返しますと初めに調整した アンテナ特性記録がありました。 この時は、まだ建物の周りに足場パイプがあった状態です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/25 20:27

続きを見る

トップへ

月別リンク

JO3KRPの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる