アクセスカウンタ

JO3KRPの独り言

プロフィール

ブログ名
JO3KRPの独り言
ブログ紹介
表紙デザインを
模様替えしました。

表紙の画像は
今は短く畳んで降ろしていますが、
完成当時の垂直YAGIビームアンテナです。

ここでのブログネタは
趣味のアマチュア無線に関するものが主です。

それに加えて
今回からは、オーディオに関する記事を
参加させる予定です。

その基礎理論として、
電磁気学を中心にした
電気関係の数式を展開する場合もあります。

その点がこのブログの一番の売りでは?
と考えていますが、どこまで実現できるのかは
やってみないとわかりません。

そこは、今までと同様に
数式の展開における
理論の飛躍がないように注意するとともに
数式理解には高校の数学レベルでもって
理解できることを心がけたいと思います。 

新しい公式・理論の導入時には
その計算式の証明などを
いろいろな文献を参考として
補足するようにします。

新しい記事の掲載はできていませんが
過去の雑誌投稿記事の一部のみ
下記のHPでひっそりと公開しています。

call_signが違いますが、同一免許人です。

JA5NSNのむせんサロン
http://www.eonet.ne.jp/~jo3krp/

こちらは、現在休止中と考えてください。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
トラップコイルの設計資料編-18 最終(高調波アンテナの短所ほか)50MHz事例
トラップコイルの設計資料編-18 最終(高調波アンテナの短所ほか)50MHz事例  最後の事例は、高調波アンテナの動作の 問題点としての実例として紹介します。 ○ 50MHz帯 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/21 10:13
トラップコイルの設計資料編-17 (W3DZZアンテナの紹介-5)HF12m/10m帯近辺
トラップコイルの設計資料編-17 (W3DZZアンテナの紹介-5)HF12m/10m帯近辺  自宅の逆L形アンテナの場合には、 前回まで説明した高調波よりも さらに高い高調波においても動作できる 周波数帯があることを観察できました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/20 18:03
トラップコイルの設計資料編-16 (W3DZZアンテナの紹介-4)7〜28MHz用
トラップコイルの設計資料編-16 (W3DZZアンテナの紹介-4)7〜28MHz用  旧ワイヤーアンテナ・ハンドブックに掲載の 2題目のW3DZZアンテナは、 7〜28MHz用のアンテナとして 紹介されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/19 15:26
トラップコイルの設計資料編-15 (W3DZZアンテナの紹介-3)
トラップコイルの設計資料編-15 (W3DZZアンテナの紹介-3)  通常のDPアンテナである W3DZZアンテナの場合に戻って 14MHzの動作と同様に 残るバンドの対応についての説明です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/18 14:21
トラップコイルの設計資料編-14 (W3DZZアンテナの紹介-2)
トラップコイルの設計資料編-14 (W3DZZアンテナの紹介-2) 前回の続きとして 14MHz、21MHz、28MHzにおいては、 トラップは、C(容量)性のリアクタンスを もちます。 そのため、短縮コンデンサーの働きをします。 つまり、波長以上に長いエレメントであっても 見かけ上短いエレメントとして動作するのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/17 13:26
トラップコイルの設計資料編-13 (W3DZZアンテナ紹介-1)
トラップコイルの設計資料編-13 (W3DZZアンテナ紹介-1) 旧ワイヤーアンテナ・ハンドブック本の P92〜P96にかけての内容に ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/16 13:24
トラップコイルの設計資料編-12(3.5MHzトラップ・コイル設計)
トラップコイルの設計資料編-12(3.5MHzトラップ・コイル設計)  もう一つのトラップ・コイルの設計に ついてです。 3.5MHzトラップ・コイルは、 昔の3.5/7MHz用のDPで記事紹介がある トラップ・コイルを1.9/3.5MHzに 対応できるよう変更したものです。 そのため、典型的なトラップ・コイルの 標準モデルでLが大、Cば小となる かたちを採用しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/13 07:28
トラップコイルの設計資料編-11(トラップ・コイルとローディング・コイルの違い)
 トラップ・コイルとローディング・コイルは 設計方法は全く同じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/11 12:06
トラップコイルの設計資料編-10(トラップ・コイルのインピーダンス適正値検証)
 こちらは、HAM Journal 1986 SPRING   「外誌にみるHFアンテナ」のp66〜67にある 「ハイQか? ハイ・インピーダンスか?」の 見出し記事からの引用です。 この原記事は、N3GO記事である 「trapping the mysteries of trapped antenna」 からの抽出のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/09 20:04
トラップコイルの設計資料編-9(トラップ・コイルL/C比とバンド幅Δf)-2
 前回の補足でやりました、並列共振回路の Q値(Quality Factor)の考え方はいかがでしたでしょうか? 電子工学を専攻したかたなら電子回路の基礎として、 必ず習ったところだと思うのですが、 私には、すっかり忘れていたことばかりでした。 それで、この復習は今後のトラップ・コイル設計に 役立つ知識であると再認識しました。  とくに 今回使用する式の証明をするのが、相当量の 数式が必要となって、内容が複雑化するのを避けて その証明と(直列・並列)共振回路に関する 基礎の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/07 12:31
トラップコイルの設計資料編-8(並列共振回路のQの考え方)
トラップコイルの設計資料編-8(並列共振回路のQの考え方)  前回の続きとして ここで、共振周波数に向けてのリアクタンスの 上昇は、トラップコイルのQによって、 その上昇具合が違ってきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/06 15:36
トラップコイルの設計資料編-7(トラップ・コイルL/C比とバンド幅Δf)-1
トラップコイルの設計資料編-7(トラップ・コイルL/C比とバンド幅Δf)-1  前回の補足で、トラップコイルのL/C比の大/小で どのような特性の違いが生じているかを一目で わかる次図で説明します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/05 18:06
トラップコイルの設計資料編-6(7MHzトラップ・コイル値決定の裏事情)
前回の続きで、L-f-Cチャートからの内容です。 ここでも、参考図書の紹介ではなく、 自宅マルチバンドアンテナに使用した トラップコイルは元のアンテナ事情に合わせた 特異な設計となった経緯の説明でもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/04 18:08
トラップコイルの設計資料編-5(L-f-Cチャートによるコイル設計-1)
トラップコイルの設計資料編-5(L-f-Cチャートによるコイル設計-1)  (前置き部分は本文と関係が無いので削除しました、)  今回の内容は、(新)/(旧)の ワイヤー・アンテナハンドブックに 掲載されている内容とは、全く違います。 このブログだけのオリジナル内容なので 市販本の紹介記事ではありません。 しかし、今回紹介しました全4冊の 内容を総合的に把握していえる内容だと 思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/03 17:23
トラップコイルの設計資料編-4(ローディング・コイル製作)
 今回の内容は、トラップ・コイルに使用する 電線の種類であったり、それを巻きつけるための 絶縁ボビンの選択に関する資料です。  既に工作実践編で紹介している材料ですが、 その材料を選ぶための基礎資料が、 今回の内容となります。  なお、1KW対応するような高電圧・大電流に 耐える材料選択の場合は、もっときちんと 設計して、耐熱も十分検討しなければ なりません。 今回は、移動免許の電力50Wに耐えるだけの 簡易的な設計での内容です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/02 13:36
トラップコイルの設計資料編-3-2(ローディング・コイル挿入位置の違い)
トラップコイルの設計なのに、 なぜ、ローディング・コイルの話なのか? と思うかたもいらっしゃると思います。 しかし、今回のマルチバンド・アンテナの トラップ・コイルの実際の設計方法は、 このローディング・コイル資料記事だけを 見て製作しています。 その後、製作したトラップコイルの動作が 正常かどうかを検証するため、 他の資料にあるトラップコイルに関する 裏づけを調査しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/01 07:22
トラップコイルの設計資料編-3(ローディング・コイル)
 この内容と関係ありませんが、最近 タブレットPCを仕事で利用しようと 購入しました。  この購入に当たって、適切なアドバイスを いただけたのが、アマチュア無線での 交信中の話題からです。 それでタブレットの購入に踏み切ることは できたのでよかったのですが、 (PC操作で慣れた者としての感覚として)  タブレットには、いろいろな機能があるようですが パソコンと全く同じことをしようとしても 使用するアプリの仕様なのか? 同じ機能のあるPCでの利用とは まったく異なる操作体... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/29 20:06
トラップコイルの設計資料編-2(エレメントの短縮)
 ワイヤーハンドブック(新版)p97からの引用で 2.10 エレメントの短縮 [1]アンテナはLとCの共振回路 その要約は (ワイヤー)アンテナ自体は、LCの共振回路です。 エレメントを短くするとアンテナの純抵抗分の他に キャパシタンス成分をもつようになります。 また、 エレメントを長くすると同様にインダクタンス成分 を持つようになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/27 09:12
トラップコイルの設計資料編-1(記事の見通し)
 今回トラップコイルの資料として 参考とさせていただいたのは ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/26 21:30
(番外)コモンモード電流阻止Q&Aへの補足(完結)
(番外)コモンモード電流阻止Q&Aへの補足(完結) (以前削除した掴みの再掲載)  この4月から新たに電子工学を 学ぼうとしていらっしゃる学生や この春、電子工学関係の学校を 卒業されて、新社会人になり 仕事として電子工学関係に 従事されるかたも多く おられることと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/22 07:49

続きを見る

トップへ

月別リンク

JO3KRPの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる