JO3KRPの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年夏の遠隔無線局でのトラブル状況と対策

<<   作成日時 : 2016/09/02 07:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年の夏は異常ともいえる長期に暑さが続いたため、
遠隔無線局の主な電源を落としていました。

それでも、先の週末に別の用事で立ち寄ったところ
正常に動作しないトラブルに遭遇しました。

一つ目は、PC保守用のTFT画面装置です。
電源ONスイッチが全く受付てくれず、
最初は完全に故障したと判断したのですが、
自宅に持ち帰っていろいろとボタン操作を
組み合わせてみたところ
無事リセット動作ができて
電源ONができるようになりました。

TFT画面は普段は必要ないのでPCから
接続をはずし、かつ電源コンセントを
接続せずに長時間放置していたのが
原因のようです。

今後は時折、電源投入することにしました。

次に

二つ目は、エアコンです。といっても本体側は
毎日遠隔操作で動作できていますから
問題が無いことは確認できていました。

壊れたのは、手元で操作するリモコン側です。
しかし、これが壊れると通常の運転ができません。

完全に壊れているのではなく、内蔵のソフトの
暴走のような現象です。

例えば、温度を下げるボタンを押したとたんに
リモコン自体にリセットがかかり、全ての
機能が初期状態に戻ってしまいます。

それは、内蔵した時計が00:00となって
点滅するので一目でわかりました。

リモコンだけがそうなるのでしたら問題ないのですが
本体側へもその情報が届くので、本体が運転を
緊急停止してしまうのです。

このメーカーのリモコン故障は、他にも発生する
ようで、実は自宅にあるこれよりも新しいモデルで
リモコンが壊れました。そのときは、リモコンの
表パネルスイッチは、その表面とは別の表示機能が
蓋を開けると現れてくるので、
操作するのが、表側と同じスイッチでも
別の機能が働くようになっているのです。

その時の故障はその蓋の開閉を検知する
部分が壊れて、蓋を閉めた状態でも表に表示した
スイッチの機能ではなく、普段は使用しない
裏側の設定機能のスイッチとして動作してしまい、
肝心の冷房・暖房切替や温度設定スイッチとして
働かないといった症状でした。

その時の故障対応として、近くの電気屋さん
あるいは、ディスカウントストアーで売られている
安価な汎用のリモコンで急場をしのぎました。

しかし、汎用リモコンでは、せっかくの高機能が
全く使えなくて、安価なエアコンと同じ性能に
なってしまいます。

メーカでもこの製品の付属リモコンは無くて
代替品として、別の製品ならまだ手に入るようです。

その後で、代替品としてのリモコンを自宅では
使用していますが、正規のものと同じ機能が
あるので重宝しています。

難点は値段がやや高いことです。

そして、今回の別宅側機器の付属リモコンは
自宅のとは違うモデル(外観は全く同じに
見える。)とのことなので
今回は、これの代替品となるリモコンを
ネットにて注文しているところです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年夏の遠隔無線局でのトラブル状況と対策 JO3KRPの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる