JO3KRPの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠隔無線局制御(12)ネットワークカメラ付属IO端子によるPC起動(1)原理編

<<   作成日時 : 2014/10/12 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 今回からの内容がPC起動に関する一番目玉となるところです。
ネットワークカメラ(以下NETカメラ)には、
センサーを感知してカメラを動作させる機能に利用するI端子と
暗い場所における映像を捉える為に照明装置を働かせる機能のO端子を
有しているものがあります。

 このことを説明しているのが、次図です。

画像


このうち、カメラ出力側のO端子を利用してPC起動を行うのが
今回のWOLの代替機能です。

図面にある端子2には、カメラ本体内にあるDC電源に
つながっていて、DC12Vが供給されています。
この端子に図にあるように外部に設けた
リレーのコイル側端子へと接続します。

リレーのコイル端子のもう片方は、端子4へと接続します。

端子4は、カメラ本体内において、図の点線内で示すように
トランジスタのコレクタを通じて回路アースにショートします。

つまり、このトランジスタのオンオフによって
リレーがオンオフするわけです。
(オープンコレクタ回路に相当)

このトランジスタのオンとオフの機能は、それぞれ独立して
カメラ操作のためのWeb画面にボタンとして割り振られています。

つぎにリレー接点側の端子から両方の線を
(図では、ライトとACコンセントへの線)
PC内のM/B上にある電源コネクタへと接続します。

これでNETカメラとPC間の配線接続は準備完了です。

先の説明した遠隔操作するWeb画面の
説明以降は次回になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
遠隔PC起動不調とオーディオメインシステムの問題続き-3
遠隔側サーバーPCの起動問題のその後です。 ...続きを見る
JO3KRPの独り言
2017/05/18 06:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
遠隔無線局制御(12)ネットワークカメラ付属IO端子によるPC起動(1)原理編 JO3KRPの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる