テーマ:受信IMD

(番外編)無線機(受信部)AGC設計によるIF歪の意外な効果(後編)

 ここのところ、日本人人質事件の関係もあって、 日本語のブログといえども軽はずみなことを書いては 国際問題まで引き起こしかねない事態と なっているようすです。  それが言い訳ではありませんが、先週あたりから、 ブログ記事への私的な優先順位は下がってしまっています。  そんな訳で、この番外編ももっと詳しく解説するつもりで い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(番外編)無線機(受信部)AGC設計によるIF歪の意外な効果(展開編)

 前回は、TS-870と同じように受信IMD特性を限りなく改善した場合の 測定図を掲載しました。  しかし、今回の記事の話題は、そのような設計ではなくて 別のことに設計の重点を置いたAGC設計のこととなります。  ※前回の受信IMDとは異なり、記事で紹介している   インバンドIMD特性図(500Hz差での2信号の場合) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(番外編)とある無線機の受信部におけるAGCによるIF歪の意外な効果(前編)

 前回、わからなかったTS870徹底解説集を今回発見できました。 ただし、製本のものは未だ発見できてなくて、CQ誌付属のCD内の PDF文書からで確認しています。この中味は、TS180からTS-2000までの kenwood社のHFトランシーバの発売時に配布されている資料そのものです。  これによるTS870の解説記事と前回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more