住宅街アマ無線運用問題対応(5)経済的考察(3)固定タワー概算見積り記録

 前回の余談は、趣味に係る経済感覚の問題として採り上げました。私の根本的な価値判断は、同じものを製作するのなら、単に安いといった理由だけでその費用は惜しみたくないことがベースです。当時の別宅システム構築については、この基本を貫くように心がけしました。
結果、最終金額は今見ると呆れるような価格となっています。しかし、単に無駄なところにお金をかけた贅沢品ではありません。細かい計画性とその積み上げによってそうなった結果であると今でも断言できます。

(本論)
 項目2の固定タワー(KT22SR)での概算見積もりについて具体的に振り返ります。前々回の記事で紹介しましたようにFTI社によるユニット組立と八王子から和歌山までの陸送と当地での人的組み上げでの条件の場合です。なお価格は当時(2004年)の価格基準です。消費税は5%の時代です。
1.資材条件
(1)タワー KT-22SR @419,500円 実費 約340.000円
(2)タワー 付属(エレベーター等)一式 約300,000円
(3)アンテナ一式 約230,000円
  T599GX-3040 @18,8000円
  CD-78    @75,900円
  RC-5A-2   @69,800円
  同軸ケーブル、ローターケーブル、コネクタ等一式を含む。
(4)避雷用アース銅板(900㎜角)1枚 約20,000円
2.工事費用
(1)基礎工事 約650,000円(※残土処理別途必要※)
(2)タワー及びアンテナ取付工事 約260,000円
(3)出張費 2日相当 約500,000円
-----------------------------------------
小計 約2,300,000円
税5%   115,000円
合計 約2,415,000円
となるかたちです。
※ 実際には他の細かい条件を加味するともっと高くなると予測できます。

 これと較べてのLusoタワーでの実際の費用はどうであったかを公開する予定ですが、それは次回以降とします。

(次回に続く) 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント