アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「無線局リモート運用」のブログ記事

みんなの「無線局リモート運用」ブログ

タイトル 日 時
最近の交信内容への質疑応答(国内向けハイパワー運用と電気料金)
最近の交信内容を振り返って、よく質問されることから ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/17 09:43
コモンモードフィルタ-2 (各制御線用ラインフィルタ)
コモンモードフィルタ-2 (各制御線用ラインフィルタ) 同軸ケーブルのほかに CMFを挿入検討箇所は ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/30 06:47
遠隔システム構築情報とオーディオシステムの問題続き-7
 別宅側のPCは、その後電源起動の不調も無く、 そのまま使用中です。 しばらくは、このまま様子を見ることとしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/07 07:00
遠隔システムQ&Aとオーディオシステムの問題続き-5
いつもよく交信していただけるかたから 遠隔システムのリニアアンプの オン/オフ動作について質問がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 07:01
遠隔システムCI-V設定変更とオーディオシステムの問題続き-4
遠隔操作に関して ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/21 09:52
遠隔PC起動不調とオーディオメインシステムの問題続き-3
遠隔側サーバーPCの起動問題のその後です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 06:57
遠隔無線局トラブル対策(その3)システムの信頼性評価と代替リモコンで復旧
前回、システムの信頼性の指標として MTBFを紹介しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/04 13:54
遠隔無線局トラブル対策(前回続き)エアコン遠隔操作の今後の課題
前回のトラブルは、単に手元リモコン機器だけの 故障でしたが、 (未だトラブルに至りはしませんが、) エアコンを遠隔制御できる方法について 検証してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/03 17:44
FT897無線機制御の障壁&複素数計算:交流理論の記号法(5)複素数の加減とベクトル
FT897無線機制御の障壁&複素数計算:交流理論の記号法(5)複素数の加減とベクトル  先週あたりは、遠隔制御ソフトの動作試験に時間を 取られて、こちらの勉強はまったく進んでいませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/11 07:30
(番外)遠隔操作用無線機ソフトの新方式を求めて(7)IC-7300のS-meter表示
 アイコムで現在の最新機種であるIC-7300のSメータの指示を CI-V方式でRS-232C信号として読み出す方法の試験結果です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/17 08:20
(番外)遠隔操作用無線機ソフトの新方式を求めて(6)具体的な表示や操作などを検討する。
 前回は、RRC-1258の宣伝文になった感がありますが、 私が考える理想の遠隔制御の方向に向かっているのが このRRC-1258が最前線に位置すると思っているからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/15 07:11
(番外)遠隔操作用無線機ソフトの新方式を求めて(5)RRC-1258MK2の最新情報
 前回、参考として紹介しましたRRC-1258MK2の新しい機能について もう少し詳しく解説します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/14 07:17
(番外)遠隔操作用無線機ソフトの新方式を求めて(4)DX Pedi(tions)局への対応とは
 私個人としては、ここ数年DX交信に対する興味が薄れており、 よほど珍しい地域以外は、その信号を聞くことすらしていません。 よって、これまでは、遠隔運用でDX交信、特にSplit運用には 必要を感じていませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/10 09:26
(番外)遠隔操作用無線機ソフトの新方式を求めて(3)電源オン制御とCI-V説明書との違い
今回は、前回の続きとして、電源ONコマンドについてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/06 07:13
(番外)遠隔操作用無線機ソフトの新方式を求めて(2)電源オフ制御
アイコムのIC−7300での検証結果からです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/04 07:09
(番外)遠隔操作用無線機ソフトの新方式を求めて(1)無線機制御の現状と動向
 今回もまだ、垂直偏波の反射係数の絶対値|Rv|に 到達できていませんので、別の話題とします。 この様子では手計算による虚数計算を諦めて、 エクセルなどの複素計算関数に 頼るほかないように思えてきました。 当時は、このような便利なソフトなどがあるはずが ないので、どのように計算したのかを 確かめたかったのですが、数学の実力不足を 実感しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/03 09:09
(番外)遠隔操作用無線機ソフトの新たなる方式を求めて(1)開発に至る背景
 アース理論は、数学の壁に阻まれているため、 気分転換で今回の話題に触れています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/28 07:07
(番外)VK0EK,FT4JAでの2地点同時受信遠隔システムの運用感想
システム構成は、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/13 07:18
(番外)別宅側ルータの障害による遠隔制御不能となった顛末
 この連休中は、奄美諸島と沖縄諸島の国内ペディションの 追っかけをして楽しみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/22 07:19
(番外)IC-7300をフリー版HRDでPC画面から制御する方法
(番外)IC-7300をフリー版HRDでPC画面から制御する方法  IC-7300が納入されてたくさんの方からの 動作感想を見聞きすることが多くなったことと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/07 06:35
(特別寄稿)無線機の遠隔制御手法の新たな幕開けに期待を寄せて
 この開発計画案を持ちかけて お願いしたのが、今年の3月頃でした。 最初の予定では、 もっと早くプロトタイプのソフトが出来上がる予定では あったのですが、 諸々の事情により開発が遅れていたのです。 それがようやく完成したようで 昨日(12/16)に私の手元にその第一号が届きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/17 07:37
久しぶりに1.9MHz(国内バンド)を運用
 勤務がこの3月から変わったことで、 平日の昼間の7MHzはほとんど運用できなくなりました。 そして、勤務から帰ってから運用可能な夜19時を過ぎると 国内はスキップ状態なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/19 07:06
9月半ばからアマチュア無線運用に復帰
 私個人的な理由で、この6月から、 この夏季期間中、アマチュア無線に関する活動を 全て中止せざるを得ませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/01 07:31
遠隔操作無線局情報/SIP情報(8)呼制御の後編
遠隔操作無線局情報/SIP情報(8)呼制御の後編  前回の説明で、 ロケーション・サービスの説明がもれましたので 先のそちらを説明しますと ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/16 17:16
遠隔操作無線局情報/送信編(7)SIP情報(7)呼制御の前編
SIP自体は今回説明します呼制御を管理するプロトコルです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/10 20:19
遠隔操作無線局情報/送信編(6)SIP情報(6)概要
遠隔操作無線局情報/送信編(6)SIP情報(6)概要 (6) SIPを用いたIP電話のプロトコル情報 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/06 16:53
遠隔操作無線局情報/送信編(6)SIP情報(6)IPアドレスの構成(IPv4の場合)
 物置から見つかった古い無線雑誌本の続きで 今回紹介しますのは、CQ誌1996年1月号の中味です。 前回の2000年からさらに遡ること、たった4年だけなのですが、 コンピュータの時代では最新のO/SはWindows95でまだWindows3.1も 現役で多くの方が使用されているというような時代です。 当時NETというとアマチュア無線界ではTNCによるUHF/VHF帯FM変調の 電波でパケット通信する方法が盛んだった時期であったのかも しれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/21 18:20
遠隔操作無線局情報/送信編(6)SIP情報(6)IPネットワークの続き
 ひょんなことから本日、古い2000年以前の無線雑誌本が 物置の奥から発見しました。 もう大分前に処分したと思っていたのですが、その一部が 物置に取り残されてしまったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/18 16:46
遠隔操作無線局情報/送信編(5)SIP情報(5)TCP/IPのインターネット層
 前回でのトランスポート層までに作成したパケット構成を概略で見ますと ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/16 18:29
遠隔操作無線局情報/送信編(4)SIP情報(4)TCP/IPのトランスポート層
 本日QSOいただいた際にあるアンテナを紹介したのですが、 その名称を誤って言っていました。  そのかたがこのブログを見ていただける確約はないのですが、 正しい名称を記載しておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/14 18:12
遠隔操作無線局情報/送信編(3)SIP情報(3)TCP/IPでの応用層と無線機との関連
 前回は、TCP/IPプロトコルでの階層区分を紹介しましたが、 さらにこの部分を少しだけ掘り下げて解説します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/11 11:36
遠隔操作無線局情報送信編(2)SIP情報(2)SIPの全体像を知る
(SIPの全体像)  家庭内LANあるいはインターネットといったWANの IPネットワーク内に音声パケットを転送して実現できる 電話サービスを ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/08 18:41
遠隔操作無線局情報送信編(その1)「とある業務」専用ソフト開発秘話(3)とSIP情報(1)
 前回はずっと過去の話だったのですが、今回紹介しますのは もっと最近のことで平成22年の7月頃のお話となります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/06 18:36
遠隔無線局制御(23)受信側音声モニターシステムのまとめ
 別宅の無線機で受信した音声は、 RRC-1258MKIIでIPパケットとなって、 インターネット経由で自宅側にある 同装置まで届き、ここでアナログの音声信号となります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/03 12:02
遠隔無線局制御(22)受信音声モニター・スピーカーの続き
 前回、なぜスピーカーがヤマハなのか? の説明部分が落ちてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/11/01 10:13
遠隔無線局制御(21)受信音声モニター・スピーカー選択について
 先に発表していますように今回モニター・スピーカーを ヤマハ製品であるHS-5(HSSeriseの一番小口径のシステム) を採用しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/10/31 08:07
遠隔無線局制御(20)音声のWin-OS内処理(7)WASAPIでの2mode「共有」と「排他」
 昨日、3年ぶりに以前交信した方とお会いしました。 当時のXP時代の私の音声の特徴をよく記憶されて おられたようで、今回のシステムでの音声の 高域がよく出ているとのレポートをいただきました。 音声帯域が広くなったのでは?との感想でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/30 08:15
遠隔無線局制御(19)音声のWin-OS内処理(6)WDMとWASAPIとの違い
 前回までの話で Win-OSを採用したPC内での 標準の音声システム経由で音声処理を実施すると 元の音声信号が、決して、忠実に出力されてこない ということがお分かりいただけたことと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/29 18:46
遠隔無線局制御(18)音声のWin-OS内処理(5)
(前回の続きとして)  以前に説明したコアオーディオAPIの中には WASAPIというオーディオエンジンをバイパスする 新たな機能を盛り込んであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/24 08:44
遠隔無線局制御(17)音声のWin-OS内処理(4)
 昨日、交信した方とのやりとりですが、 その方の考えかたとして 「 デジタル処理による 無線機とアンプとのインターフェースや アンテナ切り替え等の処理を全てPCに依存した処理を 中心にシステムを組み上げている。 」 と説明を受けました。 それに加えて、 「 無線機(実際はSDRと後に判明)への 音声処理もPC内のデジタル処理で コンプレッサーやノイズゲートといった 音声処理を行っている。 」 との説明がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/23 07:57
遠隔無線局制御(16)無線機からの受信音声のモニターシステム(2)
 少し間があきましたが、アナログミキサーの続きです。 後に詳しく紹介する予定ですが、 モニタースピーカーはヤマハを採用しました。 それと合わせるならとミキサーも ヤマハが本命と当初考えていたのです。 それに加えて 当時、 ヤマハは新製品を出したばかりでしたから ヤマハ製品を真っ先に購入対象と考えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/22 18:08
遠隔無線局制御(15)無線機からの受信音声の番外編(手持ち真空管アンプ)
 アナログミキサー関連話題の途中ではありますが、 前回話題にしましたオーディオ関連の情報として 交信中に簡単に説明をしました 手元に今もあるアンプについて 紹介しておきます。 真空管のメインアンプ2機種 (1)送信管VT62シングル  今では貴重なST管であって、 トリウム・タングステンフィラメントの代表格のものです。 HYTRON社製のものを使用しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/20 09:01
遠隔無線局制御(14)無線機からの受信音声のモニターシステム(1)
 昨日、交信した話題がオーディオ趣味になりました。 今では、ほとんどその趣味から一歩遠ざかった立場で 見ていますが、1970年代は、アマチュア無線よりも その趣味にどっぷりと漬かっていた時代があります。  そのせいか、 今でも音声信号(というか、無線機の受信音)の 良否はとても気になります。  残念ですが、 オーディオ基準でみますと アマチュア無線機の音は完全にナロウー帯域です。  それを 少しでも広帯域化して、できる限りに 元の音声を忠実に再現できような 「音声モニタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/18 08:19
遠隔無線局制御(13)ネットワークカメラIO端子でPC起動(2)実践編
遠隔無線局制御(13)ネットワークカメラIO端子でPC起動(2)実践編  前回は、NETカメラのIO回路動作原理と PCの電源スイッチとの関係を説明しました。 今回は、これの実際の操作方法を説明します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/13 16:23
遠隔無線局制御(12)ネットワークカメラ付属IO端子によるPC起動(1)原理編
遠隔無線局制御(12)ネットワークカメラ付属IO端子によるPC起動(1)原理編  今回からの内容がPC起動に関する一番目玉となるところです。 ネットワークカメラ(以下NETカメラ)には、 センサーを感知してカメラを動作させる機能に利用するI端子と 暗い場所における映像を捉える為に照明装置を働かせる機能のO端子を 有しているものがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/10/12 08:00
遠隔無線局制御(11)インターネット経由したPC起動について
 前回「遠隔無線局制御(10)DDNSサーバーの障害と顛末」への 補足情報として今回遠隔操作で自宅から離れた場所(以下、別宅)にある PC(パソコン)を起動する部分へ焦点を当てました。  まず、  自宅内の同一LAN内ならば、ネットで公開しているフリーソフトで PCのLANボードへWOLパケットを届けることによって そのPCを起動することができます。  ところが、  ルータ越しとなるインターネットなどのWAN経由では、 通常このWOLパケットを届けることができません。 (ルー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/09 07:53
遠隔無線局制御(10)DDNSサーバーの障害と顛末について
 今回は、Win-OS音声問題をお休みして、 表題の最近発生した障害に対する対応を取り上げます。 まず、この障害の発生の事実関係は バッファローダイナミックDNS障害について hhttp://buffalo.jp/support_s/20140929.html をご覧になってください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/06 08:12
遠隔無線局制御(9)音声ボード選択時の注意点への追記
遠隔無線局制御(9)音声ボード選択時の注意点への追記  先日、交信した局からの問い合わせで 無線局のマイク端子にI/Fを通じて 接続しているPCの音声アナログLINE OUTから 発振音に似たノイズが載ると相談を受けました。 実際の機器や接続状態は、私のほうでわかりませんが どうもPC内のサウンド機器のハード的な故障の 疑いが考えられました。 聞けば、マザーボードのオンボードの サウンドデバイスを使用しているとのことでしたので 故障原因を特定するために PCI(PCI-E)に挿すサウンドボードか USB接続の外付けサウンド機器... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/03 18:17
遠隔制御無線局音声(8)Win-OS内処理(4)
遠隔制御無線局音声(8)Win-OS内処理(4)  先日、ネットゲーム連絡用音声ソフト 「TeamSpeak3」と「Mumble」を紹介しましたが、 後者のムンバルを使用した方と交信することができました。  その方は、以前は前者のチームスピーク3を利用されていました。 その両方を同時に聞き比べたわけではありませんが、 ムンバルの音声の自然な響きがよかったように思いました。  ぜひ、HPかブログ記事として、 このソフトの導入時のいろいろな注意点などを アマチュア無線向けに情報発信していただけるよう 交信の終わりに要望させていただ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/01 10:57
遠隔制御無線局音声(7)Win-OS問題(3)
 今回の音声問題とは全く関係ありませんが、 昨日交信しました方が 有名な、とある超小型アンテナの 話題について述べておられました。 通常交信にはまだ使用していらっしゃらないようですが その性能にはかなりの期待をお持ちのようです。 それに水を差す意見で申し訳ないのですが、 受信の場合は別として、 送信アンテナとして高能率を期待することは、 かなりの無理があることを 既に理論的な証明ができています。 (逆に 大きなアンテナ程利得があって高能率であると いったことも全くの誤り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/27 08:10
遠隔制御無線局音声(6)続「Win-OSの内部処理」問題
 遠隔無線局の音声に使用できる音声ソフトとしては SkypeやNETDUETTOの他にもいろいろとあるようです。 例えば、IPSoundなどがよく使用しておられるようです。 これは昔あったTEL.EXEと同じくP2Pで使用できるソフトで 前者のような特定のサーバーが必要ないのでどのような 環境でも使えます。 一方、今回紹介するのは、オンラインゲームで仲間同士 連絡するための音声らしいのですが、 「TeamSpeak3」と「Mumble」です。 これらも使用するサーバーが必要です... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/26 08:56
遠隔制御無線局音声解説(5)再びPC、WinOSの根本的な問題
IP音声装置(ハード処理)での 問題点に足を踏み入れたのですが、 これは単に周波数特性のみであって、 二信号における歪特性は解析できておりません。 この二信号特性を見るために必要なものが 今回のブログテーマである「信号処理」理論 とりわけ「FFT」のあたりが必要となるという 今後のストーリ展開を予定していたのですが、  今回もう一度、PC内における音声問題に立ち返ります。 というのは、先日7MHzで交信した際、 SDRソフトでのサウンド機器のドライバー選択の 説明のところを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/24 07:57
遠隔操作無線局の音質問題(その4)現システム改善後
今、仕事上のプレゼンで紹介記事文書を嫌と言うほど 書いているためか、文書を書くのが苦痛となって 創作意欲も低下しています。 その影響でここでの話が進んでいません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/22 10:53
遠隔操作無線局の音声問題(その3)現システムの音声事情(改善前)
昨日、久しぶりに当ブログの表紙を模様替えしています。 今後の書き込みの方向性を併せて書きました。 一度、ご覧になっていただければ幸いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/18 09:08
遠隔操作無線局のネット経由音声(その2)現運用システムでのPC経由の問題点
 ここ数日、7MHzで運用してみました。 送受信音声の仕上がりはまずまずのようです。 まず、受信の方はかなり弱い電波を受けた ノイズ交じりでも明瞭度があって了解しやすくなりました。  送信は、後日、ある方に測定していただいた 低周波領域での測定データを公表したいと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/15 07:45
遠隔操作無線局のネット経由の音声について(その1)音声レポートのお願い
 ブログ復活宣言をしたのはよかったのですが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/11 08:06
(番外)ブログ復活のお知らせと近況報告です。
久しぶりに当ブログへの書き込みをしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/09 16:30
(番外)電源管理と機器制御情報
今回も引き続き使用するDIOボードの実例です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/29 09:57
(番外編)(新)遠隔システムの進捗状況
 前回までのTS990はあくまで、最新機種に ついての参考情報であって、TS990を 今回に採用したわけではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/23 08:07
(番外編)無線局のリモート運用の最近の動向(TS990の続き)
 今回は無線機の電源オンオフについての情報です。 ケンウッド社では、TS590からPC制御で 電源オンオフできるコマンド(PS=0,1,9) 0;電源オフ 1;電源オン 9;電源オフ(低消費電流モード) の3個パラメータを用意しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/20 18:59
(番外編)無線局のリモート運用の最近の動向
前回ハムラジオデラックスの現状を書きましたが さらに無線機の機能にスポットを当てて 現状の無線局をリモート運用できる環境と 今後の動向を調査しています。 そこから判っているところを少しだけ公開しますと ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/18 08:28
(番外)2014年問題調査から判明したHam Rdio Deluxeの現状
「常微分方程式」のほうはなかなか進みませんので 今回のPC更新の話題から書いています。  PC2014年問題とは直接関係しませんが、 世界的な無線機遠隔ソフトである Ham Rdio Deluxeのfree versionであった 最終公開版Ver5.24.38 をオフィシャルのHPからダウンロードが できなくなったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/16 07:51
直交曲線座標表示への入門(その1)1次元の座標
今回の記事タイトルとは関係がないのですが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/04 08:06
新規記事のお知らせ 「無線局遠隔制御システム: 音声の遅延改善策」
今回の内容は、今までの電磁気学とは全く関係のないところで失礼します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/02 17:14

トップへ | みんなの「無線局リモート運用」ブログ

JO3KRPの独り言 無線局リモート運用のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる