JO3KRPの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠隔システムQ&Aとオーディオシステムの問題続き-5

<<   作成日時 : 2017/05/24 07:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いつもよく交信していただけるかたから
遠隔システムのリニアアンプの
オン/オフ動作について質問がありました。

雑誌等での遠隔システム紹介では、
通常なら採り上げられることが無い
質問とその回答ではありますが、
今回公開したいと思います。

Q IC-PW1の電源オンとオフ情報等がわかる方法が
 あるのでしょうか?
 (アンプ回路のある部分を動作すれば、必ずオンとなり、
  また、別の回路を動作すれば、必ずオフとなる
  そのような箇所があるのか?)


A 電源ON/OFF、アンプ動作ON/OFF
 チューナ動作ON/OFFといった状態を
 リレー装置でコントロールをしていますが、
 これらは、SWR/出力電力監視用メーターパネルの
 小さな筐体内にあるタクトスイッチを叩くしか無いので
 その状態がどちらになっているかは、わかりません。
 一番簡単で確実な方法は、カメラでメーターパネルを
 監視することです。
 通常はIC-756PROの無線機の上に上記パネルを置いているので
 IC-756PROのTFT画面やアナログメータの状態と同時に
 このメータパネルを監視できます。

上記、回答にありますが、無線機IC-756PROにおいても
ALCメーターの返送は、CI-Vコマンドに無いので
このカメラで無線機のアナログメータを監視しています。


さて、本題のスピーカーSX-500DEの音質問題です。

SP自体の音質問題は、今回目をつむり、
アンプ以前までの装置たちが持つ個性を
出せるかに重点をおきました。

そして、目指すは、アンプからヘッドフォンに出てくる
音の音質に近づけることにしました。

最初に疑ったのは、SPスタンドに載せているといえ
柔な床となっている畳に直置していることです。

ボードでスタンド基礎をしっかり固定できると
音も改善できるのでは?と考えました。

ネットでの情報を参考にすると

1 市販オーディオボード(木質と鉄系防振材)

2 自然石(大理石等)ボード

3 人造石系ボード(コーリアン等)

といった対象があることがわかりました。

しかし、どれが今回の問題解決に一番適合できるか?
といったところは、ネット情報だけでは
わかりませんでした。

いずれも、1枚あたり、1万円以上となることから
すべてを安易に試すわけにはいきません。

また、ボードによる改善できる根拠も無いことから
もっと安価な素材でボード効果を試すことにしました。

それは、近くのホームセンターあたりで
簡単に手にはいる木製板でボードの大きさに
近いものを実際にSPスタンドの下に設置してみることです。

さっそく、近くのコーナンに出かけて物色しますと
厚み18ミリのパイン集成材がちょうど良い大きさに
カットして並んでいました。

手で叩いて、密度を調べますと残念ながら、
けっこう軽い響きしかありません。

オーディオボードとしての機能には物足りませんが、
ここは、SPスタンド直置きとの音の変化を
調べたいので、これを2枚購入しました。

自宅に持ち帰り、SPスタンドの下に設置して、
音出ししてみますと全体の音の感じの変化は
確かにありました。

しかし、今回求める音質方向には向かっていない
感じです。

全体的に柔な感じとなり、ピントが甘いというか
音に余計な響きが付加されて、音の透明感が
削がれてしまったようです。

特に低域のボンつきが余計に気になることが
判明しました。

とはいえ、SPスタンド直置きとは
明らかに音質の違いがあることはわかりました。

このことから
オーディオボードの素材の違いによって
SPから出てくる音を変化させることが
十分可能であることは判明できました。

また、よくオーディオ入門誌等で解説があるように
スピーカーの足元をしっかりと固定させることの
必要性も理解できました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
遠隔システムQ&Aとオーディオシステムの問題続き-5 JO3KRPの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる