JO3KRPの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠隔システム不調とオーディオメインシステム系の問題続き-2

<<   作成日時 : 2017/05/10 06:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 一昨夜、遠隔運用無線局を運用できないことが
判明しました。
 原因は、当日中に停電があったもようです。
これに対する予備の起動回路を組んでいました。
しかし、
今回は、この回路は正常動作していたのですが
PCを起動させることができませんでした。
肝心のPC自体のマザーボードの起動回路の
不調で、起動と停止を繰り返していたことが
判明しました。
この原因はまだ不明です。 

さて、

 もう何年もメインシステムでの音出しを
していなかったのですが、
今回、音楽ファイルプレーヤーN-70Aを
接続して、鳴らしてみますと
音がやけにこもった感じでしか聴こえません。

最初、SP(SX-500DE)のツィーターの断線を
疑いました。
それでツィーターだけに耳を近づけて、
音が出ているかを確認したところ、R、Lとも
音は出ています。
残留雑音(ホワイトノイズ)による確認も
正常と思われるレベルで聴こえています。

次にアンプを疑い、SPからではなく、
アンプのHP端子にそれまで、N-70Aの
HP端子に使用していたHP(MDR-CD900ST)
を差し込んで聴いてみました。
N-70A側のHP端子との音質の違いは
あるもののこもった感じではありません。
どちらかというと中低音が引込んだ
線の細い感じがしました。

この線の細さがアンプ自体なのか?
N-70Aからの影響なのか?
をはっきりさせるために
以前から使用していた
ユニバーサルプレーヤー(DV-S858Ai)から
N70Aと同じ音源のCDからとの
音を比較してみますと
全く同じ音質でやはり線の細い感じの
音調であることがわかりました。

この時点で、同じパイオニア製の
N-70AとDV-S858Aiとの音作りは
一貫しており、ほとんど同じ音質を
有していることが判明しました。

そして、アンプ出口までは、
以前と変わらない音と判断できました。

それでは、スピーカーSX-500DE本体が劣化して
したのでしょうか?

このあたりを次回探っていきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
遠隔システム不調とオーディオメインシステム系の問題続き-2 JO3KRPの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる