JO3KRPの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠隔無線局トラブル対策(その3)システムの信頼性評価と代替リモコンで復旧

<<   作成日時 : 2016/09/04 13:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回、システムの信頼性の指標として
MTBFを紹介しました。

もうひとつの指標MTTRです。

MTTRとは、Mean Time To Repairの略で
平均修理時間の意味です。

故障が発生してから、それを復旧できるまでの
時間で、その平均時間をいいます。

MTBFとは違い、こちらは短いほど、復旧が早く
システムの信頼性が高いといえます。

これら、MTBFとMTTRを合わせたものが
システムの稼働率です。

システムの稼働率とは、全ての時間の中で
稼動している時間割合を示します。

稼働率=MTBF/(MTBF+MTTR)

の式から計算できます。

稼働率を高めるためには、上の式からもわかりますように
MTBFを長く、MTTRを短くすることです。

この方策として、一番手堅いのは
システムの二重化を図ることです。

別宅システムでは、エアコンと主電源装置の
遠隔制御機器を除いては完全な二重化を図っていました。

今回、遠隔システムの主装置ではなく
エアコンという、システムを支援する装置の
ほうが早くトラブルを起こしてしまいました。

業務用の制御システムでも同様なことはあります。

エアコン(空調施設)の故障によるシステムダウンは
もっと多く、いろいろなシステムで経験しています。

それゆえ、エアコンにも日常の定期点検が大変重要です。

さて、先週末に代替リモコンが届きましたので

本日、現地に持っていき、
それでエアコンのテスト稼動を行ないました。

今まで本体側にメモられていた警告メッセージも
消去できたのと時計時刻を正常にセットできたので

タイマーセットでの運用も復旧できています。
このようなところは、安価な汎用リモコンでは

それらの設定を変更したり、動作させることが
できなかった機能です。

このためには、メーカの純正リモコン
または、今回のように、その代替リモコンが
どうしても必要となります。

たかがエアコンに付属したリモコンですが、
その重要性を認識しました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
遠隔無線局トラブル対策(その3)システムの信頼性評価と代替リモコンで復旧 JO3KRPの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる