JO3KRPの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠隔無線局制御(21)受信音声モニター・スピーカー選択について

<<   作成日時 : 2014/10/31 08:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 先に発表していますように今回モニター・スピーカーを
ヤマハ製品であるHS-5(HSSeriseの一番小口径のシステム)
を採用しています。

(メーカー製品情報より)
DTMからスタジオ用途まで
あらゆる制作環境に対応する
コンパクトな5インチモデル
LFに5インチウーファー、
HFに1インチドームツイーターを採用した
2ウェイバスレフタイプ
再生周波数帯域54Hz ? 30kHzとワイドな帯域をカバー
LF45W+HF25Wのバイアンプ仕様。
トータル70W出力の高品位パワーアンプ搭載

とあるように
低音が約13cm口径の白色コーン
高音は2.5cm口径のドーム型で
各ユニットは、アナログパワーICによる
2チャンネル駆動のアンプ内蔵型です。

これを採用するに至る経過を今回説明します。

まず、音のチェックに欠かせないのは
ヘッドフォンです。
今まで使用していたヘッドフォンの中には
音声制作現場で使用している
モニター目的に特化ヘッドフォンがあります。
その中でも日本においては
ソニーの業務用として生産している
MDR-CD900ST
です。

音楽関係者ならこの製品を知らない方は
いらっしゃらないとは思う程有名な製品です。

しかし、通常の受信で長時間掛けますと
耳たぶあたりが痛くなって使用できません。

また、夏場には蒸れてしまうので
とてもヘッドフォンを使う気になりません。

そこで
MDR-CD900STが持つ音質を出来る限り
スピーカー環境で実現することを目指しました。

といっても
MDR-CD900STが他の数あるヘッドフォンに比べて
とりわけ音質が優れているというわけではありません。

どちらかと言うと低域があまり出ずに
中高音域が硬い音質で心地よい音楽鑑賞には
全然向いていない音質が特徴といえるほどです。

しかしながら、音のチェックというか
あえて、不良音的なあら探しをするには
これほどはっきりと良い音と悪い音を
区別して鳴らすヘッドフォンは
他にはなかなかありません。

プロの音楽制作者はそういう意味で
これを求めているわけで
決してこれで気持ち良い音楽を聴こうと
しているわけではありません。

音楽鑑賞用としては
私の手持ちのヘッドフォンでは

低音重視ならば
デノン製品 AH-D2000

高音重視ならば
AKG製品 k701

全体的に繊細さを求めるなら
STAX製品 SR-5

といったヘッドフォンを
普段は使用しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
メインシステム系(ビクター500DE)の問題発覚
 パイオニアN−70Aを導入後、しばらくは メイン系へ接続せずにN−70AのHP端子を 利用して単独にて聴いておりました。 この時は、全般にやや硬めな音ではありましたが、 特に音に対する不満はありませんでした。 ...続きを見る
JO3KRPの独り言
2017/05/04 11:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
遠隔無線局制御(21)受信音声モニター・スピーカー選択について JO3KRPの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる